TEL: 075-706-6111
お問い合わせはこちら
癌性胸水について
腹水について
肝転移について

癌化学療法(保険診療 可)

癌を縮小させ、手術を容易にする術前化学療法、再発予防目的の術後(補助)化学療法などの手術前後の化学療法も重要ですが、それらにかかわらず再発・転移は起きる場合があります。

私の主力を注ぐ分野は固形癌(乳癌・肺癌・消化器癌など)の再発・転移後の治療です。
「再発後の治癒はあり得ず、化学療法の役割は緩和と延命のみ」との概念が標準的で、無論過去の治療歴が長く、症状が重いほど困難が伴いますが、抗癌剤のみでなく、最近の「分子標的剤」(抗癌剤でなく、癌の増殖するしくみを阻害する薬剤―特定の病気には本邦でもハーセプチン・アバスチン・イレッサ・タルセバ・エルビタックス・ネクサバール・スーテントなどの認可薬がある)の進歩に著しいものがあります。

大病院で癌化学療法を受けている患者さんが何種類かのレジメンを受けたのち、「今後は緩和医療を」と勧められることがあり、(具体的にホスピス等をすすめられる)これは真に治療剤が無いのでなく、「その病院の委員会で認可されたレジメンが無い」ことを意味することが多いのです。
そもそも「緩和医療」は症状のある癌の早い時期から併せ行うべきで、抗癌治療を行う医師自らが担当すべきものです。治療剤の有効性は腫瘍マーカーの下降より早く、「癌による症状」が軽減することで判定されることが多いのです。

とりあえず保険使用可能な化学療法剤などで緩和・延命を図りつつ近い将来の治療薬の発達を待ち、最終的に癌の治癒を目標にすることは決して夢物語ではありません。
「抗癌剤は毒なので免疫力を低下させ、有害」などといった民間療法の宣伝にまどわされないように、相談のうえ治療をはじめましょう。

「抗癌治療を小さな診療所でおこなうなんて・・・」と不安を感じる方があるかもしれませんが、

  1. 受付事務の迅速化、待ち時間の短縮さらには(電子カルテ導入の予定はありませんので)充分な視触診、問診、即日のエコー診断、5分以内に結果がでる白血球測定等により化学療法を含む治療時間短縮を達成できます。
  2. 点滴中も経験豊富なナース、医師が患者様の5m以内に居ますので安全。安心。
  3. 疾病や持病の管理が多科に及ぶ場合も多科をいちいち受診する必要はなく、特殊な画像検査や(MRI,CT,PET)、病状による必要性に応じ各専門医を御紹介します。


なお、経過中必要に応じ保険外の免疫療法等をお勧めすることもありますが、その際には同時に保険診療はできませんので、個別に御相談いたします。