TEL: 075-706-6111
お問い合わせはこちら
癌性胸水について
腹水について
肝転移について

免疫療法とは

免疫療法

自己のリンパ球を培養、増殖させ、局所病巣に再び取り込む治療法を「養子免疫療法」といい、1980年、私どもが最初に臨床応用しました。培養したリンパ球はサイズが大型化するため、大量数を静脈投与しても病巣に届く効率が悪く、奏効が期待できません。
病巣局所に直接投与しますと、病巣縮小、消失効果がでます。

例)乳がん胸水90%、乳がん肝転移50%

免疫療法は次の工夫をしております。

1.自己のリンパ球の免疫力をアップ

OK-432【ピシバニール】(※1)の前投与により局所の免疫能力を高めた後に培養リンパ球の局所(体腔内や病巣支配動脈内)投与を行います。

※1 OK-432(ピシバニール)=癌性胸水中に存在する癌に対して抵抗性のある自分自身のリンパ球を活性化させる薬品

2.体内に戻しがんと闘わせます

自己の腫瘍を殺す能力を持つ培養リンパ球を胸腹水中リンパ球の利用、自己の腫瘍抗原により増殖させ、連日移入。

3.化学療法の併用でがんをノックアウト

目標の病巣以外での効果を期待して必要な場合にはタイミングを工夫しての全身化学療法を併用していきます。

免疫培養治療の概念図

免疫培養治療の概念図

治療の概略と費用

リンパ球治療費は高額でもありエンドレスに行う方法はとっておりません。費用の概略は下記のとおりです。

肝転移動脈注射治療

3コース(1ヵ月半)
(1コース、17日間に7~8回注入)

990,000円+税
がん性胸腹水治療

2コース
(2コース連続して25日間に12回注入)

670,000円+税

がん免疫療法初診
説明(30分)

OK-AIT
(OK-432前投与養子免疫療法)

10,000円+税

本免疫療法の適応相談、内容説明は菅までお問い合わせください。